泊まる+暮らす オフィスLuLuLu

LuLuLu Blog

ルルルブログ

2022.04.06
シェアハウスのこと

シェアハウスの暮らしをマンガで知る!「ひとりで生きるはままならぬ」ルルル文庫に追加

こんにちは 高知初のシェアハウス&ゲストハウス支配人のタローです

日本で1番、シェアハウスの事に詳しいゲストハウスになろうと(話がややこしいが・・)奮闘中

シェアハウスに詳しいシェアハウスは当然あるだろうけど、宿(ゲストハウス)でありながら、シェアハウスの事情にも詳しいとなると、そうは、いないはず!(というか、普通その知識必要ない・・)

でも、ゲストハウスだと、シェアハウスの事が知りたいと思っている人でも、気軽に泊まりに来れるでしょ?

普通シェアハウスは入居しないと、その実情が外からは、なかなか分からないけど、ルルルならそれが分かりやすい!

だって、ルルルはシェアハウスとゲストハウスが融合した施設だから!

それに、ルルルにはシェアハウス関連の本が、まあまあ置いてあるので、色々と読めば、雰囲気をつかめやすいはず

しかも、経営者が駐在してるので、もしシェアハウスを自分自身で始めたいって人にも、何かとアドバイスができるかもしれない

さて、そういうわけで、以前からシェアハウス関連の本は色々と集めてきてますが、最近、マンガ&コミック関連も集め始めました

先日読んだのはこれ↓

なかなか読みやすく、それでいて、面白かった!

で、今日読んだのはこれ!

ひとりで生きるはままならぬ

著: 津野みぞ子

出版社: オーバーラップ

発売日: 2021/08/15

こちらが概要

28歳、独身、彼氏無し、仕事も普通の前田しゅう子は個性豊かな友人たちとシェアハウスをしていた。

仕事に生きるバリバリキャリアウーマン・松木瑛香
恋に生きる弾き語りシンガー・川瀬田みさき
仕事もプライベートもフリーランスなのんびり屋・桃山志緒

日々の疲れやストレスもこの3人とお酒を飲んで愚痴り合えれば乗り越えられる。
今が楽しければそれでいい。
そう思ってただ何となく日々を過ごしていたけれどふと気がつけば、30歳はすぐそこ。
しゅう子や友人を取り巻く環境が徐々に変わっていき――…。
“まだ”アラサー、“もう”アラサー
「私、このまま何となく過ごしてていいのかな?」

絵も可愛いし、おじさんにもストーリーが分かりやすい

こちら、登場人物 4人のアラサー女性

この4人が、一軒家をシェアしながら暮らしている

雰囲気としては、先日紹介した「東京ルームシェア生活」に近いね

ルルルと違って、大家さんがいるスタイルではなく、自分たちでシェアハウスを作り上げているというパターン。

同じ年頃の、仲の良い仲間が集まって生活すると、こんな風に楽しいだろうね!

シェアハウスの魅力は、こんな風にしみじみ語られる・・

「家に帰ったらみんながいて、褒めてくれるから頑張れる!」

これはルルルも同じ!

でもね、やっぱり、管理人がいないシェアハウスだと、この問題が発生しちゃうのが難しいところ・・

上手くいっている時は楽しいけどね・・

最後に作者のコメントが出てました

まあ、やっぱりルルルとはシェアハウスの運営形態が違うので、似てるところもあり、違うところもあり・・という感じかな

でも、複数の人と暮らす楽しさは、ルルルでも同じで、そこはうまく表現されているかな

ルルルの場合は、性別、年齢、職業、国籍もバラバラ同士の10人が暮らしているので、もっと多様性がある感じかな

というわけで、シェアハウスに興味を持った人はぜひルルルへどうぞ

お待ちしてます!!!

まずは、泊まりに来てもいいね〜